Japan ArduCopter Group

Information

Japan ArduCopter Group

日本に居るDIYDronesのメンバーのグループです。ArduCopter、ArduPilotまたは、個人用のUAVを日本語で情報交換出来ます!(英語ももちろんOK)

A group for Japan based DIYDrones members to share and discuss info related to ArduCopter, Ardupilot or anything else related to personal UAVs. Japanese or English a-ok!

Website: http://www.japandrones.com
Location: Japan
Members: 204
Latest Activity: Nov 25

Discussion Forum

ArduPilotは「組み込みソフト」、だったら保守性や品質をあげていきたい。

Started by murata,katsutoshi. Last reply by murata,katsutoshi Nov 25. 86 Replies

dronecodeのコーディングルールを拝見いたしました。あまりにもざっくりしていることもあり、保守性や品質まではいき渡っていなさそうと感じています。そこで、日本には、組み込み系ソフトについて、コーディングルールというのを事細かく定義してるものがあります。例えば、・MISRAとか・IPAの「組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイド[C++言語版]」や・凡ミスによる障害の回避ルールこれらのル…Continue

Tags: IPA, MISRA, rule, Coding, ArduCopter

GPSの更新レートについて

Started by Kazuya Shibata. Last reply by JDC KK Nov 23. 4 Replies

初めまして、柴田と申します。現在、APM2.6(v3.2)+Neo-M8N(GPS)+F450サイズをキットで購入し飛行させています。先日、GPS評価ソフトのU-centerでM8Nの設定を確認したところ、測位更新レートは1HzでBaudrateが9600となっていました。ポジションホールドの精度を上げようと、更新レートを1Hzから5Hzに変更したところ、信号に欠落がでました。Baudrateを1…Continue

姿勢角について

Started by TU. Last reply by Jiro Hattori Nov 20. 1 Reply

姿勢のピッチ角について質問があります.単発プロペラの固定翼機で垂直ホバリングを行いたいのですがピッチ角がMissionPlannerでは-90~90度で表示されています.これを0~360度に変更したいのですがどのようにすればいいでしょうか.よろしくお願いします.<備考>現在,フライトコントローラにはAPM2.6を使用しています.Continue

Japan Communication Hardware--What Do You Fly With?

Started by Forrest Frantz. Last reply by Wesley Zhao (PCBA EMS,OEM,ODM) Oct 29. 4 Replies

I was so pleased to find your group.I use a Taranis radio, which can use Japan communication frequencies for telemetry and ship control.  But what do smart RC fliers in Japan use for:- Radio Control…Continue

Comment Wall

Comment

You need to be a member of Japan ArduCopter Group to add comments!

Comment by Naoki Kato on November 24, 2016 at 3:08am

お世話になります。自己解決ですみません。
本日、愛知県の港南5区で試験を行い、Planeのオートパイロットの問題は解決しました。
やはり、1番目が通常のWAYPOINTになっていたのが問題で、TAKEOFFにして通常離陸後にAUTOにしたら、2番目のWAYPOINTに飛んで行きました。
途中、何かのFAILSAFEに引っ掛かって、上空100mで旋回してましたけど・・・(苦笑)

これからログを追って解析してみます。

Comment by Masafumi Miwa on November 22, 2016 at 3:29pm

うちの問題は、これで解決らしい。

https://github.com/ArduPilot/ardupilot/issues/4966

でも、同じ日に、同じ場所で、別のWin10ノートPCで作業をして

挙動が違うってのが謎ですね。

Comment by Naoki Kato on November 22, 2016 at 10:55am

Planeのオートパイロットなんですが、Missionを作成し、離陸時はFBWAで飛ばして、Autoに切り替えると、一番最初のWAYPOINT(TAKE OFF)に向かって行くんでしょうか?

先日試してみましたが、どうもHOMEに戻ってきてしまう挙動をしていたので、途中で止めました。
この時は、最初のポイントがTAKE OFFではなく、通常のWAYPOINTになっていたかも知れません。
AUTO TAKE OFF でHOMEから開始すれば行けそうですが、何だか怖くてチャレンジしてません(笑)

Comment by Masafumi Miwa on November 21, 2016 at 6:57pm

あと、最近はこんなことやってました。

http://www.topics.or.jp/localNews/news/2016/11/2016_14780634751035....

Comment by Masafumi Miwa on November 21, 2016 at 6:52pm

自分のWin10 ノートPCだと、

http://ardupilot.org/dev/docs/building-px4-with-make.html

の作業をたどるだけで環境を作れたんですが、

研究員のWin10マシンだと、makeで止まっちゃう。

Python周りがおかしいみたいんだけど、

どなたか、アドバイスいただけませんか?

                                                                echo "Generating MAVLink headers..."
Generating MAVLink headers...
#goto mavlink module directory and run the most recent generator script
echo "Generating C code using mavgen.py located at" /c/Users/YUKI/Documents/GitHub/ardupilot/modules/mavlink/
Generating C code using mavgen.py located at /c/Users/YUKI/Documents/GitHub/ardupilot/modules/mavlink/
PYTHONPATH=/c/Users/YUKI/Documents/GitHub/ardupilot/modules/mavlink/ python /c/Users/YUKI/Documents/GitHub/ardupilot/modules/mavlink//pymavlink/tools/mavgen.py --lang=C --wire-protocol=2.0 --output=/c/Users/YUKI/Documents/GitHub/ardupilot/Build.ArduCopter/libraries/GCS_MAVLink/include/mavlink/v2.0 /c/Users/YUKI/Documents/GitHub/ardupilot/modules/mavlink/message_definitions/v1.0/ardupilotmega.xml; if [ $? -le 0 -o $? -gt 128 ]; then echo "mavgen: success"; exit 0; else echo "mavgen: failed"; exit 1; fi
Traceback (most recent call last):
  File "c:/Users/YUKI/Documents/GitHub/ardupilot/modules/mavlink/pymavlink/tools/mavgen.py", line 16, in <module>
    from pymavlink.generator import mavgen
  File "c:\Users\YUKI\Documents\GitHub\ardupilot\modules\mavlink\pymavlink\generator\mavgen.py", line 12, in <module>
    from future import standard_library
ImportError: No module named future
mavgen: failed
make: *** [/c/Users/YUKI/Documents/GitHub/ardupilot/Build.ArduCopter/libraries/GCS_MAVLink/include/mavlink/v2.0/ardupilotmega/mavlink.h] Error 1

Comment by Jiro Hattori on October 17, 2016 at 3:47pm

日本語(英語も)の受け皿を作りました。

非公開なので登録希望を出してください。

ArduPilot Japan

https://www.facebook.com/groups/1661960827376400/

勝手に名前を付けたけれども良いのでしょうか?

Comment by Jiro Hattori on October 13, 2016 at 2:50pm

xBee下駄を装着可能な920MHzモジュール

基になっているガラパゴス規格を越えてMission Planner で使えるかは、不明です。

Lazurite 920J(Lazurite Miniシリーズ)
http://www.lapis-semi.com/lazurite-jp/products/lazurite-920j
Lazurite 920J Xbee Shield(Lazurite Miniシリーズ)
http://www.lapis-semi.com/lazurite-jp/products/lazurite-920j-xbee-s...

スイッチサイエンスで買えるらしいです。

Comment by Masafumi Miwa on October 7, 2016 at 8:51pm

Hattoriさん、

はい、逆回転してます。

水中での姿勢制御も作ってます。

Comment by Jiro Hattori on October 7, 2016 at 8:07pm

楽しそうなコトを(*^^)v 

潜水と浮上でリバース回転になっているのですか?

Comment by Masafumi Miwa on October 7, 2016 at 7:23pm

Randyさん、先ほど拝見しました。

OKです。

機体はEnrouteのPG390をひっくりかえしたものに、防水ケースを付けたものです。

モータとアンプはJRPROPOのNINJAのものを使ってます。

FCはAPM2.6.

ファームウェアはArducopter3.2.1を改造したものを使ってます。

 

Members (204)

 
 
 

© 2016   Created by Chris Anderson.   Powered by

Badges  |  Report an Issue  |  Terms of Service